SponsoredLink

ラクトフェリンの放射線防護効果

放射線医学総合研究所では、ラクトフェリンの放射線防護効果についてマウスを使って実験を行った結果、放射線障害に対する顕著な防護効果があることが解明されました。


放射線といえば長崎と広島に落とされた原子爆弾、チェルノブイリ原発事故が思い出されますが、その放射線被害の恐ろしさは言葉に尽くせぬほど悲惨なものであり、今後絶対にあってはならない事です。


放射線防護剤は通常、被爆前に投与する事でその効果を現しますが、ラクトフェリンにおいては被爆後の投与でもその効果が認められている事から、医学会でも注目を集める薬剤となっています。


ラクトフェリンは、現在食品やサプリメント、経口剤や注射剤など、さまざまな形で摂取できるので一般の方の健康維持や病気の方の症状の改善に大いに役立っています。


多くの放射線防護剤は副作用がある場合もありますし、なんといっても被爆後でも効果を期待できる薬剤の開発が待たれていただけに、ラクトフェリンの被爆後の効果の有効性は、放射線障害治療の未来に非常に希望の持てるものとなったことは言うまでもありません。


こうした理由から放射線医学総合研究所は「抗放射線被爆障害剤」としての特許を出願するに至り、これからの研究の大きな発展に貢献するものと思われます。


ラクトフェリンに放射線防護効果があるなんて、全く驚きの一言に尽きます。


同じものが食品やサプリメントとして気軽に購入し摂取出来るなんて、まるで夢のようですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。